痩せたら終わりじゃありません

絶対に痩せたい私のダイエット方法

絶対に痩せてやる!!と息巻いてもなかなか痩せられないのが悩みの人たくさんいそうですね・・・。絶対に痩せてやる!というのは意地でしょうか?もし意地で、なにくそ痩せてやるぞ!と思っているなら要注意。意地になって痩せられたとしてもリバウンドしやすいですよ~。だって意地になっているのは今の自分の身体をなんとか変えようというその一点についてなんだから・・・。

運良く痩せられたとします。自分が理想とする身体になったとします。意地になって痩せた人はそこでエネルギーが尽きてしまうことが多いように私は思うのですが・・・違うでしょうか。「痩せました!ハイ終わり!」という感じと言えばわかりやすいですか?ダイエットをやめた途端にダイエット前の身体に戻りはじめますよ~。

身体って常に元の状態まで戻ろうとするのです。痩せた身体を身体がこれで良しとしない限り身体は元の状態へ戻ろうとします。人間の身体をコントロールしているところは脳だけだと思ったらそれは違っていて・・・。人間の身体は人間の身体を作っている全ての細胞、遺伝子からできあがっていて、そういうもの全てに力があるのです。小さくて目には見えない顕微鏡でもなかなか見ることのできない遺伝子が身体をコントロールしているのですよ・・・。

その人に合った身体を維持するために常に細胞や遺伝子は働いています。身体をコントロールしています。脳だけごまかせばなんとかなるなんて思いダイエットをしているとリバウンドするのはあっという間だと私は思いますが・・・。リバウンドしたくなかったら自分の身体の声に耳を傾けること。脳をごまかせばなんとかなるだろうなんて思ってはいけません。脳をごまかすことはできるけれど根本的な身体をコントロールしている遺伝子やら細胞一つ一つはとてもごまかしきれません・・・。

絶対痩せてやる!という気合いは分かります。痩せて今の自分から変わりたい!という気持ちって本当に前向きだと思います。誰かのためにきれいになりたい!という気持ちは美しいですね・・・。いろんな理由があってダイエットを始めるのでしょうが、健康だからそういう気持ちになるし健康だからダイエットできるのです。でも、なにが何でも痩せたい!という切羽詰まったときでも意地になったりしないで身体のことを大切にしながらダイエットしてみてはどうでしょうか。

結局維持できなければダイエットは失敗ということになるのだから・・・。

今実行中のダイエット

暑い季節の到来・・・というか、襲撃です。
太ってる者にとって、滝のように流れる汗と薄着、一番苦手な季節になりました。

去年の夏の終わり、自宅介護でストレスの為、食べすぎが原因で激太りをしました。
体重管理をしていなかったので、何となく太ってきたかなぁ~と、悠長にしてたのが大間違いだったと気づいたのは今年の夏、そう、今です!
去年の夏に着てたTシャツを着るとTシャツ感がなく、身体にビチっと張り付き背中やお腹の形が丸分かり
パンツを履くと膝から上に上がらない
ストレスの種が無くなった今年の夏から急遽、ダイエットを始めました。
有酸素運動、筋トレ、カロリー制限、糖質制限etcありますが、太っている者にとって夏の運動系は熱中症への直行便なんで、カロリー制限か糖質制限かを考えた結果、お腹一杯食べれてもパンやご飯を食べれない糖質制限するより、空腹感はあってもパンやご飯を少しは食べれるカロリー制限をする事にしました。
一日の摂取カロリーを1200カロリーになるように計算しながらだったらお菓子とかケーキでも食べれます。
それと、今回新たに実行しているのが、ウーロン茶ダイエットです。
ダイエットには水分を摂らないといけない事は知っていますが、なかなか毎日1.5Lの水は飲めません。
自宅では麦茶を用意しているので麦茶でもいいのかと調べたところ、実際に麦茶ダイエットも存在しました。
麦茶ダイエットと同じページにウーロン茶ダイエットというのもあって、見てみるとウーロン茶にはポリフェノールが含まれていて、脂肪を分解する作用もあり、血圧を下げる効力もある事を知りました。
脂肪の分解、血圧が高めの私にはウーロン茶の方が合ってると思い、カロリー制限と毎日1.5Lのウーロン茶でダイエットを始めています。
始めたばかりなので外見的な変化はありませんが、利尿作用のあるウーロン茶のおかげで昼夜問わず、排尿する回数が増えました。少々寝不足です・・・
それと、ダイエット中はほとんどの方が便秘に悩ませられますが、水分を摂っている事で食べる量が少なくても便秘でお腹が気持ち悪いって事はありません。

カロリー0の甘味料を使えば食べれる量も増やせるし、マヨネーズもカロリー75%オフを結構かけて生野菜もしっかり食べてます。
ちなみに糖質制限では純正のマヨネーズしか使えないんですよね?
マヨラーの私はその点でもカロリー制限にしました。
成果が出てくるのは夏が終わってからでしょうけど、来年の夏にはTシャツはTシャツらしく着てる事を祈りながらウーロン茶、飲みます。

ダイエット方法調達隊bbeleが解説!痩せるサプリの本当のところ

シボヘールとカロリミット、大人のカロリミットの比較


「ダイエットでハッピーに!」
というCMで印象深いカロリミットですが、具体的にどんな効果があるのか詳しく知っていますか?
私はシボヘールでお腹の脂肪を減らそうとしているのですが、カロリミットのことも気になります。
数ある痩せるサプリでも人気のシボヘールを飲んでいたらカロリミットは必要ないのか?
それとも違う効果があるのか?
値段や口コミも気になりましたので、シボヘールとカロリミットを比較してみました。

どちらも機能性表示食品 効果の違い

シボヘールとカロリミットはどちらも機能性表示食品です。
機能性表示食品とは、科学的根拠に基づき、特定の保健の目的が期待できるという機能性を表示した食品の事ですが、では2つの商品はどんな目的が期待できるのでしょう。

・シボヘールはどんな効果が期待できるのか?
シボヘールに配合されている葛の葉由来のイソフラボンは、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)を減らす効果が期待できます。
そしてウエストと体重を減らす効果も期待できると、臨床試験のデータが出ています。
年齢とともにお腹の脂肪って全然取れなくなりますよね。
私もダイエットしてもお腹だけはなぜかポッコリしたまま、去年の洋服が着られなくなったり、ウエストがきつく感じるようになったり・・・。
年齢とともにどんどん痩せにくくなっているのは、脂肪を分解する力、燃焼する力がドンドン衰えていくからです。
お腹は内臓を守るために脂肪がとてもつきやすい場所です。
そのお腹の脂肪を減らしてくれる効果が、シボヘールには期待できるのです。

・カロリミットの効果

カロリミットの臨床試験では、2つの効果がデータとして出ています。

 

① 食事の時の糖の吸収を抑える

これは食事の前にカロリミットを摂取した時と、摂取していない時の、食後の血糖値の変化を比べた結果、摂取した時の方が血糖値が上がらなかったのです。

 

② 食事の脂肪吸収を抑える痩せるサプリ

これも同じように、食事の前にカロリミットを摂取した時と、摂取していないと気を比べています。
食後の血中中性脂肪の値が摂取時のほうが低い結果でした。

カロリミットを飲む事で、脂っこい食事の時、甘いものを食べたときに、糖や脂肪を吸収を抑えてくれるので、きつい食事制限をしなくてもいいということになります。
もちろんだからと言って、好き放題に食べていいわけではありません。

痩せるサプリ.netでもそのことは注意転記されていて、ダイエットサプリはただ飲むのではなく生活を見直しつつ飲み続ける事が重要と言われています。

ダイエットをすると決めたら、後回しにするのではなく、すぐに行動にうつして続けていくことが一番重要です。

まずは、1か月間飲み続けて見てください。必ず何かしらの効果を実感する事ができるはずです。

冒頭でもお話ししましたが、必ず痩せるサプリなんてものはこの世に一つも存在しません。

サプリを買って満足する。これが一番やってはいけないことですし、意味がありません。

出典:本当に痩せるサプリ公式

食事制限ももちろんですが、しっかりと飲み続ける事を意識していきたいですね。

あくまで抑えるだけですので、ダイエットにはバランスの良い食事、適度な運動が一番です。

○ カロリミットと大人のカロリミットの比較

カロリミットの効果はわかっていただけたと思います。
では「大人のカロリミット」はカロリミットとどう違うのでしょうか?
大人のカロリミットは「結果が出にくい大人のためのダイエット」をサポートしてくれます。
大人のためのダイエットサポート成分「ブラックジンジャー」を配合。
30代以上いなると本当に痩せにくくなると感じませんか?
若い頃は、少しダイエットしただけでスルスルと体重が落ちていきました。
同じような感覚で、年齢を重ねたいまダイエットをしてみると、本当に痩せない!
全く結果が出ません。年齢とともに代謝が低くなることが原因の一つです。

ブラックジンジャーは素早く届き、しっかり働いてくれますので、結果が出ないく大人でも効果を実感しやすいのです。
生姜はもともと身体の冷えをなくしてくれますが、ブラックジンジャーは生姜の効能だけではなく、ウコンの効能も含まれているのです。そして必須アミノ酸にに至ってはしょうがの7倍とも言われています。

○ シボヘール、カロリミット、大人のカロリミットの値段を比較

3つの効果の違いが分かったところで、値段を比較いたします。

・シボヘール
らくらく定期便で初回980円(税込)
2回目以降2808円(税込)
※ いつでも変更停止可能

・カロリミット
お試し14回分+もう一袋(計28回分) 780円(税込)

・大人のカロリミット
お試し2週間分+もう一袋(計4週間分)1000円(税込)

どれもお得な価格で販売していますね。
カロリミット大人のカロリミットの方は、お一人様1個1回限りです。

○ 痩せるサプリはどんなものを買ったらいいの?

ではどんな人がどれを買ったらいいのか悩みますよね。目的によって飲むものは違うワケですから、3つの商品を比較してみます。

■ シボヘールはこんな人が飲むといい!
・お腹の脂肪が気になっている人
・健康診断でメタボと言われた人
・ウエストを細くしたい人
・内臓脂肪が気になる人
・体重を減らしたい人

■ カロリミットはこんな人が飲むといい!
・甘いものが好きでダイエットしたい人
・食事を制限するのが嫌な人
・脂っこいものが好きな人
・外食などが多い人

■ 大人のカロリミットはこんな人が飲むといい!
・年齢とともに体重が減らないと感じている人
・体が冷えると感じる人
・代謝が悪くなったと感じている人
・甘いものが好き
・朝をかかなくなったと感じる人

シボヘールは特に今お腹についている脂肪を減らしたい人に効果があり、カロリミットは食事の糖や脂肪を制限したい人に効果のある商品です。結局は痩せるサプリを飲み続けていくのが一番重要なのです。

痩せるサプリ頂上決定戦まとめ

シボヘールとカロリミット、大人のカロリミットの違いが比較する事で、より明確になりました。
今ある脂肪を落としたい人はシボヘールを、これからつくであろう脂肪を抑えたい人はカロリミットを、と考えたらいいでしょう。
無理な食事制限ではなく、痩せるサプリを飲んで健康的に痩せたいですね!

子供が幼稚園に行っている間のダイエット

私は4歳の子供の母親です。出産してからは専業主婦でしたのでずっと息子と一緒に過ごしてきました。
昼間は子供と一緒に公園や児童館などに行っていました。遊具で遊んでいる子供から目を話すことはできませんし、買い物に行っても歩くペースは子供に合わせます。
子供と過ごせて楽しかったものの、ランニングなど自分の運動になるような動きがあまりとれずにいました。
気が付けば結婚前の服がまったく入らないほど太ってしまっていたのです。
そしてこの春、息子が幼稚園に入園しました。一人の時間ができて真っ先にやろうと決意したことがダイエットです。
手始めに子供を園に送ってからウォーキングを始めることにしました。1日目は自分のペースで歩けることが楽しくてたまりませんでした。
ところが翌日から雨に降られてしまいました。ウォーキングは天気に左右されてしまうため、2日目ですでに休むことになってしまいました。
4日目にようやく晴天になったので歩いてきました。すると園にお迎えに行った時に他のお母さん数人に「歩いてたね~」と言われてしまいました。
同じ幼稚園のお母さんたちは当然近くに住んでいるので、買い物に行く途中などに見られていたようです。
私はそこでウォーキングが嫌になってしまいやめることにしました。それでもダイエットはなんとかしたい。そこでとなりの市の公共施設で運動することにしました。
そこには屋外と室内の両方に運動施設があり市民ではなくても料金さえ払えば利用オッケイです。
とはいえ毎日お金を払って通うのは金銭的にも時間的にも負担なので、週に最低2日通ってみっちり運動することに決めました。
最初の日に行ってみると私と似たような年齢層の主婦も大勢きていました。友達同士で来ている人は少なく、ほとんどの人がひとりで黙々と運動しています。
私はランニングコースをゆっくり5週走りました。3週間で4キロ落ち、同じランニングコースを同じ時間で8周走れるほどスピードがアップしました。
雨の日は室内のランニングコースがあるのでそちらを走りました。2か月たつと5キロ痩せました。
それまでは自分自身では少し体が軽くなったなという自覚はありましたが、他人が私と見て痩せたとわかるほどではありませんでした。
ところがー5キロに到達すると子供のお迎えの時に他のお母さんたちから「痩せた?」と言われるようになったのです。
平日はほぼ毎日会っているお母さんたちに言われたのですから、確かに外見が変わってきたのだと思えてうれしかったです。
せっかく効果がでてきたダイエットですが、子供が夏休みに入るとランニングに行くのは中断するしかありません。
夏休みまでにもっと体をしぼって、夏休みにはいったら自宅でちょこちょこ筋トレするしかないかなと思っています。

長く続けられるダイエットを目指します

私は、今年に入って、5キロほど体重が増えてしまいました。
去年は、仕事が忙しかったり、精神的に疲れていたりして、食べる量がとても減ってしまいました。
その影響で体重がかなり減り、顔がだんだんと痩せこけてきました。
このままではいけないと思い、少し食べるように心がけたのですが、その反動で食べ過ぎてしまうようになり、体重がどんどんと増えてしまいました。
今の調子で食べ続けると、どんどんと体重が増えてしまうと思い、これからは、もう2キロ体重を減らせるように頑張りたいなと思うようになりました。

そこで、ダイエットをしようと考えたのですが、私は今まで、ダイエットに何度も失敗してきています。
無理な、短期集中型のダイエットをして、結局はリバウンドで体重が増えてしまうことが多かったので、これからは、そのような失敗がないように頑張りたいと思い、ダイエットについて考えてみました。
私は、今まで、ダイエットといえば、とにかく体重を減らすことだけを目標にしていました。
ですが、ダイエットで痩せたとしても、顔色が悪くなってしまったり、体力がなくて疲れやすくなったり、痩せても綺麗に、健康に痩せられなければ意味がないと考えるようになりました。
そこで、今は、「無理のない、体のことを考えながらできるダイエット」を目指して、ダイエットをしています。
まずは、食生活について、考えてみました。
朝昼晩と、ご飯については、母親が健康的な食事を作ってくれているので、この食事はしっかりと食べないと、体に悪いと思いました。
栄養も考えて食事を作ってくれているので、これを食べて、あとは、自分が食べるお菓子の量を見直さないといけないと感じました。
今までは、とにかくストレスが溜まった時に、ストレスの発散方法として、お菓子をたくさん食べるということ、よくしてしまっていました。
ですが、これは、食べているときは幸せでも、次の日に顔に吹き出物ができてしまったり、体重が増えてショックを受けたりして、自分のためになりません。
なので、今は、ストレス発散の方法を、おかしを食べることではなく、音楽を聴いたり、ネットで好きなことを検索したりするようにして、お菓子のたべすぎを防ぐようにしました。
また、日頃の運動としては、仕事でできるだけ、移動は階段を使うようにして、体を動かすようにしました。

このようにして、急には痩せませんが、長く、地道に続けられるダイエットを始めて、今で1ヶ月ほどになるのですが、体重は少しだけ減らすことができました。
これからも、急激なダイエットではなく、体のことを考えたダイエットをできるように頑張りたいです。

継続性のある空腹知らずのコーヒーダイエットで理想のボディを

女性にとってダイエットは、切実な問題と思います。ダイエットは、一時的な体重の減少は、あまり意味があるものではありません。一過性の体重の減少は、体に悪影響を及ぼす可能性もあります。理想的には、継続的な体重の減少がよいと考えています。具体的には、一ヶ月で体重の3パーセントから5パーセントの減量が理想と思います。

例えば、体重が60キログラムであれば、1.8キログラムから3.0キログラムになります。体重が50キログラムであれば、1.5キログラムから2.5キログラムになります。あまり無理をしても長続きしません。しかも健康に害を及ぼすことも考えられます。例えばですが、一ヶ月で体重を1キログラム減量することを1年間継続した場合に、一年後に12キログラムも体重が減少します。このように考えるとダイエットも現実味をありませんか?一ヶ月で1キログラムであるならば、一日あたり33グラムの減量をすればよい訳です。
 そこで、誰でも出来る超簡単なダイエット法をご紹介したいと思います。これは、私が実際に実践して、半年で8キログラムの体

重の減少を実現した方法になります。ダイエットは、正直、空腹との戦いになります。この空腹を克服できないと、どのようなダイエットに挑戦してもダイエットは効果を上げることは難しいと思います。どんなにダイエットに効果のある運動をしても、ダイエット効果を上げることは困難と思います。
 私が実践したことは、空腹を我慢することは極めて困難という結論に至りました。そのために、空腹を我慢することは、諦めたダイエット手法を確立しました。その方法は、コーヒーダイエット法です。このコーヒーダイエット法とは、夜の食事の後などにお腹が空いて、つい間食するのではなく、コーヒーを飲むことで空腹感から満腹感に頭の信号を変換する方法です。

私は、ブラックコーヒーで満腹感を得ましたが、ブラックコーヒーである必要はありません。栄養価の低い飲料であれば、何でもよいと思います。この方法を三時のおやつなどにも応用するとダイエット効果が一層に高まります。
このダイエット方法は、副次的な効果もあります。私の経験では、ブラックコーヒーである程度の満腹感がある関係でかもしれませんが、3度の食事の量が減少しました。この副次的な効果と間食の削減により、一日あたりの摂取カロリーを削減することもできました。
このダイエット手法は、空腹感が少ないために、継続性もあり長期的な計画が許されれば、ダイエット効果が期待できます。加えて、私の経験では、リバウンドも少ないと思います。また、体重の削減により、体調も減量前に比較して改善したように感じています。

ながらダイエット実践!継続できているダイエット方法

私が20歳ぐらいの頃から実践しているダイエット法で、継続できているダイエット方法があるあります。それは、ながらダイエットです!名前の通り、何かをしながら運動をするというものです。あくまでもなにかをしながらなので、時間の無駄がありません。あえて時間をとって、さぁダイエットするぞ、運動するぞと意気込むとしんどくなって続かなかったりしますが、ながらダイエットは、身についてしまえばそのようなことはありません!時間いらず、また道具いらずで経済的でもあるダイエットです。やっている運動は、何パターンかあります。一番簡単なのが、歯磨きをする時に行うものです。やり方は簡単。両足を拳1個分くらいの幅を開いて立ち、つま先を外側に開きます。そしてそのままかかとの上げ下げをします。そして次は、つま先を内側に向けて、同じようにかかとの上げ下げをします!そして最後に、つま先をまっすぐ向けてかかとの上げ下げをします。これは、ふくらはぎの引き締めにつながり、これを毎日続けていると、足首がキュッとしまってくるんです!足首がしまっていると、細く見えます。これを歯磨きの時にすると、毎日のことなので効果があるのが自分でもわかりました。他には、メールを打つ時など、携帯を片手に持っている時に片手が開いているので、そのあいている片手で腕のダンベル運動をするのです!時間が長すぎないので、苦にならず続けられます!また、洗い物をする時にもながらダイエットをしています。それは、おしりのシェイプアップです。洗い物をはしながら片足を後ろに蹴り上げるように、ゆっくりとあげていきます。そうすると、おしりに効いているのがすごくわかるんです!こんな感じで、何かをしながら運動を続けていると、運動していないのが気持ち悪いくらいに慣れてきます!それによって私は、徐々に身体が締まっていくことに成功しました!地道に毎日続ける、ハード過ぎないものなので、即効性を求める時には足りない運動量です。ただ、即効性を求めず長期スパンでみるダイエットとしては、じわじわ効果が出るのでお勧めできるものです。しかも、無理に痩せることをしていないので、リバウンドもしづらいです。私は、このながらダイエットを常に意識しながら、もっと効果を出したい時には食事制限、さらにはジョギングをプラスしたりしています!運動した方が、リバウンドにつながりにくいので、食事制限だけでなく運動は必須だないと思います!

糖質オフダイエットを試してみました!

「ダイエット」女性なら永遠の悩みですよね。
私も流行りのダイエットを色々チャレンジしてきました。一時は結果が出るものの、結局リバウンドを繰り返し…。そしてまた流行りのダイエットに飛びつきの繰り返しです。
そして懲りずに、今回は糖質オフダイエットに挑戦してみました。
テレビで見た柳澤先生の「時短、手間なし、失敗なし」の文言にひかれ本を購入。一番の理由は作り置きおかずをレンジでチンするだけ。ずぼらな性格な私にピッタリと思い始めました。
本を見てみると、なるほどとっても楽チン。
早速、百均でレンジ用タッパーを購入し、休みの日に3~4種類のおかずを作り置き。お昼はお弁当箱に詰めて職場で食べ、夜も残りを飽きないように違う組み合わせで食べました。
さすがに3食続くのは飽きるので、朝食はカロリー少なめのフルグラなどを食べました。
この糖質オフダイエットは太る原因となる血糖値の上昇を抑え、代謝をあげるダイエットです。
なのでメニューには牛・豚・鶏肉や魚のメニューも沢山あり、ボリューム感があるので、空腹感もなく、ダイエットをしているストレスはあまり感じませんでした。本当にこのボリュームで痩せられる?の疑問を抱きながら続けてみました。
ただ、お米やパスタ、うどんなどの炭水化物はNGなので、普段お米を食べている方には辛いかもしれません。
約1か月間、真面目に続けてみました。結果は1キロ落ちたかな?と目に見えるほどの結果は得られず。やはり、運動も一緒に行わないと無理なんでしょうね。食事制限だけのダイエットはそれほど結果が得られず、辞めてしまったらすぐにリバウンドしてしまいました。続けていけば結果は出るのでしょうが、やはり飽きてしまいます。
本に載っていたメニューはもう食べ飽きてしまったので、自分でアレンジメニューを考え、たまに続けている現状です。あとは、やはり炭水化物の我慢はキツイですね。お米たべたくなります。そして食べてしまうので、そりゃ痩せないですよね。
いつものことですが、食事制限や同じ食品を食べ続けるダイエットは1か月が限界です。
やはり運動が一番効果があるのかな?と考えジョギングをしようと考えておりますが、これも3日坊主で終わってしまうような…。運動が苦手な私には無理と最初から諦めてしまう。
結果、ダイエットって、何をするとか何が良いとかではなく、いかに継続できる精神力を持つかに尽きますね。わかってはいますが、また新しいダイエットを見つけると、繰り返してしまう自分です。

ダイエットするならまず体の仕組みを知れば結果はついてくれる

ダイエットしたいと思っても、食べたいものを食べてしまったり、我慢できなくなってしまったりリバウンドしたりと逆にストレスが溜まっていく恐れがあります。
ダイエットとは「痩せる」ことですよね?
つまり体の仕組みを知ればより効率的に痩せていくことができます。
体は食べたものでできています。取り入れた栄養によって形成されています。
人間の体質を表すと遺伝子20%、アウター30%、インナー50%です。
この50%を占めているインナーを変えることによってダイエットはよりスムーズに進みます。
つまり運動しなくても結構簡単に痩せられると言うことです。
ダイエットに一番効果的なのはやはり食事を減らすことです。
一日3食べているのであれば1日2食に減らしましょう。
1日2食のいいところは、無理なく徐々に減らしていける量だからです。
1日2食に変えることで人間の体は変化していき、痩せた人は太り、太った人は痩せていくのです。これは人間の元に戻ろうとする体質が働いており、運動するよりも簡単に痩せることができると思います。
体の構造を知り、食事内容を変更した後で、次は水分です。
人間の体は水分が70%です。
つまり人間は水がないと生きられない。苦しくなる。と言うことです。
それだけ水は大事な役割を果たしています。
水分をこまめにとることで、お腹が空くのを抑え、いつも元気な状態を保ち、ダイエットにもいいモチベーションを保てるようになります。
水分を取りすぎるとかえって逆効果になる恐れがあるので、こまめに少しずつ取りましょう。
水は体の働きにとても必要です。内臓を正常に動かすためにも細胞を活性化させるのにも、老廃物を体の外に出す時も大事な役割を果たします。
水分と食事を変えれば効果が現れるはずです。
それと一番気をつけておかなければならないのは、ダイエットは1日にしてならず。
と言うことです。何事にもことを成し遂げるにはそれなりの忍耐が必要になります。
人間は2週間同じことを繰り返していると、習慣化すると言われています。
初めは意識的な行動もいずれ無意識に変われば楽になります。
無意識に変わって初めて、ダイエットできているなと感じてください。
これは心の持ち方です。
心の持ち方一つで結果は違ってきます。
しかし知っているのと知らないのでは大きな差があります。
まとめると知っておいてお得なのは
インナービューティーを鍛えること。
食事制限で痩せていく。
水をこまめにとること。
ダイエットは1日にしてならず。
と言うことです。

2年以上頑張ったダイエット食事制限と運動でダイエット!

食事制限とエアロバイクでダイエットを始めてから2年と数ヶ月。ダイエットのきっかけは、一緒に住んでいた彼氏からの一言。「俺が仕事に行ってる間に、一体何食べてるの?」一緒に住み始める前の体重は63kg 。その頃も万年ダイエッターだった私でしたが、わずか数年で、85kg を超えてしまいました。「まず一週間、このノートに毎日食べたものを全部書いて。別に怒らないから正直に!」と、彼からノートを一冊渡され、私は本当に一週間、毎日食べたものを全部書き出しました。それを見て彼が、「ネットで調べるなり何なりして、これカロリー全部出してみな。」言われるまでもなく、書いてみてから自分が思った以上に色々食べていることに気付いてはいたのですが、一応計算してみました。結果、その一週間だけで、毎日1日平均4000キロカロリー取っていました。「病気になってから入院して、辛い思いして痩せるのと今のうちに頑張って自力で痩せるのと、どっちが良い?」
その日から毎日食べたものをノートに書き出し、カロリー計算と運動(エアロバイク)というダイエットが始まりました。途中停滞しながらも、体重は徐々にですが減っています。2年ちょっとで15kg は減りました。私の場合は、大体摂取カロリーが2000から多くても2200キロカロリー以内で毎日抑えています。朝食で大体700キロカロリー、昼食で700キロカロリー、夕食だけ大体600キロカロリー位の割合で食べるようにしています。おやつとか戴くとたまに食べ過ぎてしまいますが…。あと女性にしては食べ過ぎと指摘はされているいるので、本当はもっと減らしたいのですが、食べるのが好きでなかなか減らすことができずにいます。もっともダイエット前は今の2倍食べていたのでダイエット当初はかなり苦痛でした。今はだんだん慣れてきましたが…。
エアロバイクはほぼ毎日です。最近メーターの部分が壊れたので(電池を入れる部分が何故か錆びた)思い切って取っ払って百均で買った小さな台を取り付けました。ここにスマホを置いて動画を観ながら漕いでます。夕食後の習慣に定着しつつあります。一時間位は結構あっという間です。
運動の消費カロリーって私自身が思っていたより多くないみたいなんですが、それでも体重が減ってきているので、一応消費カロリーが摂取カロリーを上回っていると勝手に思っています。
運動後、お風呂に入って眠ります。運動することによって程よく疲労感があり、よく眠れるようになりました。前は不眠症気味だったので、解消されて嬉しいです。睡眠不足も太りやすくなると聞いたことがあるので、それも関係しているかもしれません。
目標体重までまだまだですが、これからも頑張ります‼